生産者ブログ

  • 温湯種子消毒

  • 2010年04月01日 【ひかりぼし栽培情報
  • 温湯種子消毒
  • 今日は4回目の温湯種子消毒をやりました。

     

    「温湯種子消毒」... 初めて耳にする人もいるかと思いますが、

     

    消毒だから農薬を使うんでしょ?と思われる方もいると思いますが、

    温湯種子消毒は、一切農薬を使いません。

    使うのは60℃のお湯だけです。

    RIMG0031.JPG

    この機械「湯芽工房」を使ってお湯を60℃に保ちます。

    (去年も説明しましたか?(笑))

     

    60℃のお湯に宮澤ファームでは12分間浸漬させます。

    基準は10分ですが、10分じゃ物足りないかな(笑)

    60℃のお湯に浸漬させることで、

    種子伝染するいもち病・ばか苗病・イネシンガレセンチュウ等を

    ほぼ確実に防除できます。

     

    簡単に手順を説明します☆

    RIMG0030.JPG

    この写真が今年使用する種籾です。

    今日はコシヒカリとあきたこまちを行いました。

    毎年種を更新するためにJAから購入します。写真の白い紙が保証表です。

     

    まず、乾燥された種籾を60℃のお湯に10~15分浸漬させます。

    10分が無難ですかね?

     

    10~15分経過したらすぐに冷水で冷やします。

    RIMG0034.JPG

    「湯芽工房」の隣に冷水を入れた水槽を用意しておきます。

    冷やした種籾は約10日間違う水槽に入れておきます。

    RIMG0035.JPG

    これで温湯種子消毒は終わり☆


[ 受付時間 ] 8:00~17:00(土・日、祝祭日は除く)

商品情報宮澤ファームとは生産者ブログお問い合わせリンク特定商取引に関する表記個人情報保護方針

Copyright 2009 宮澤ファーム All Rights Reserved.
※本ウェブサイト掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。